天王寺動物園で、親子環境教室


天王寺動物園で、親子環境教室 3月29日(火)
「地球温暖化とホッキョクグマと私たちのくらし」

イベント風景当日は、うららかな春の陽射しのもと、動物園はたくさんの親子連れでにぎわっていた。事前申し込みの参加者に加え、当日参加も多く、会場のレクチャールームは60人以上の親子連れで、いっぱいになった。
はじめに、動物園の獣医さんから、ホッキョクグマについての話を聞く。温暖化による氷の減少で、冬場に餌のアザラシをとることができなくなり、絶滅が危惧されていること、また、餌を得るために人里のゴミ捨て場をあさりにきていることなどを聞いた。かわいい子グマの写真なども見せてもらい、つぎのシロクマ帽子作りへの期待が大きくなる。
工作がはじまると、もうみんな夢中。鼻のところなど苦労しながらも、スタッフの手助けで、全員時間より早く完成。子どもたちはそれぞれ、名前やメッセージを書き入れる。
「おなかがすいたよー」「かなしいよー」「CO2を出さないようにしよう」etc.
シロクマ君を通して、地球温暖化のことをしっかり考えられたひとときでした。
  

カテゴリー: 活動・イベント, 活動報告   パーマリンク